過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問40

賃貸住宅のコンセプトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1:サービス付き高齢者向け住宅とは、賃貸住宅又は有料老人ホームにおいて、状況把握・生活相談サービス等を提供するものである。 2:賃貸住宅における入居者像の「とりあえず賃貸…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問39

計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1:中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。 2:計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問38

賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ア:秘密を守る義務とは、職務上知り得た秘密を正当な理由なく他に漏らしてはならないことであり、賃貸不動産経営管理士の職務に携わっている間、守らなければならな…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問37

賃貸不動産管理業をめぐる状況に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1:賃貸住宅の経営主体は、個人と法人の比率がほぼ同じである。 2:賃貸住宅の委託方式は、全部委託と一部委託の比率がほぼ同じである。 3:賃貸住宅の管理受託方式とサブ…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問36

相続税に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1:所有地に賃貸住宅や賃貸ビルを建設すると、相続税の評価額の計算上、その土地は、貸家建付地となり、更地のときと比べて相続税の評価額が下がる。 2:生前贈与について相続時精算課税制度を選…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問35

個人の賃貸不動産経営に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1:所得金額の計算上、購入代金が10 万円未満の少額の減価償却資産については、全額をその業務の用に供した年分の必要経費とする。 2:不動産所得の損失額のうち賃貸建物を取得する…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問34

保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1:保険は、将来起こるかもしれない危険に備える合理的な防衛策のひとつであるが、中でも賃貸不動産の経営においては、損害保険の知識が有用である。 2:賃貸不動産の建物所有者が火災保険に加入…