過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問26

鍵の管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、賃貸借契約に鍵に関する特約はないものとする。 1:貸主からの依頼又は承諾を受けて管理業者が各部屋の鍵を一括管理する場合、借主に対し、その目的を説明する。 2:新規入居の場合は、借…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問25

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」(国土交通省平成23年8月。以下、本問において「ガイドライン」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1:ガイドラインでは、借主によるペット飼育に伴い生じる「臭い」は、…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問24

賃貸借契約の更新に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1:期間の定めのある建物賃貸借契約において、期間満了4か月前に更新拒絶の通知をした場合、当該契約は法定更新される。 2:期間の定めのある建物賃貸借契約が法定更新された場合、更…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問23

賃貸借契約の解除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 1:賃料の滞納が一度でもあれば、滞納自体が債務不履行に該当し、契約当事者の信頼関係を破壊するため、滞納理由について調査する必要はない。 2:賃料滞納を理由として賃貸借契約を解…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問22

賃料未払の借主に対する明渡しに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1:明渡しの強制執行を行うための債務名義となるのは、判決における判決書のみであり、裁判上の和解調書は債務名義とならない。 2:強制執行を申し立てるに当たって必要となる…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問21

未収賃料の回収方法としての少額訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1:債権者は、同一の簡易裁判所において、同一の年に、同一の債務者に対して年10回を超えて少額訴訟を選択することはできないが、債務者が異なれば選択することは可能であ…

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問20

書面によらずに行った法律行為の効力に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。 1:書面によらずに定期建物賃貸借契約を締結した場合、普通建物賃貸借契約としての効力を有する。 2:書面によらずに連帯保証契約を締結した場合、保証契約としての効…