過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

宅建 過去問

令和元年(2019年) 問3 売主の担保責任

事業者ではないAが所有し居住している建物につきAB間で売買契約を締結するに当たり、Aは建物引渡しから3か月に限り瑕疵担保責任を負う旨の特約を付けたが、売買契約締結時点において当該建物の構造耐力上主要な部分に瑕疵が存在しており、Aはそのこと…

令和元年(2019年) 問2 意思表示 

AがBに甲土地を売却し、Bが所有権移転登記を備えた場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 AがBとの売買契約をBの詐欺を理由に取り消した後、CがBから甲土地を買い受けて所有権移転登記を備えた場合、A…

宅建 過去問 解説 令和元年(2019年)一覧

令和元年(2019年)宅建試験 感想と合格点予想 問題 項目 難易度 1 物権変動 ★ 2 意思表示 ★ 3 売主の担保責任 ★ 4 不法行為 ★★★★ 5 無権代理【判決文】 ★★ 6 相続 ★★★★ 7 弁済 ★★★★ 8 請負 ★★★ 9 時効 ★★ 10 抵当権 ★★★ 11 借地借家法(借地)…

宅建 過去問 年度別 一覧

民法改正に対応した解説に変えるため順次アップロードしていきます 年度 合格率 合格点 平成20年 16.2% 33点 問題・解説 解答 平成21年 17.9% 36点 問題・解説 解答 平成22年 15.2% 36点 問題・解説 解答 平成23年 16.1% 33点 問題・解説 解答 平成24年 16.7…