過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

令和元年(2019年) 問8 請負

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約(以下「本件契約」という。)が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 本件契約の目的物たる建物に重大な瑕疵があるためこれを建て替えざるを得ない場合には、AはBに対して当該建物の建替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することができる。
  2. 本件契約が、事務所の用に供するコンクリート造の建物の建築を目的とする場合、Bの瑕疵担保責任の存続期間を20年と定めることができる。
  3. 本件契約の目的が建物の増築である場合、Aの失火により当該建物が焼失し増築できなくなったときは、Bは本件契約に基づく未履行部分の仕事完成債務を免れる。
  4. Bが仕事を完成しない間は、AはいつでもBに対して損害を賠償して本件契約を解除することができる。

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解:2

 

 

1. 正 〇

《問題》

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約が締結された。

本件契約の目的物たる建物に重大な瑕疵があるためこれを建て替えざるを得ない場合には、AはBに対して当該建物の建替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することができる。

 

《解説》

目的物に重大な瑕疵があり、建て替えないといけない場合は、建替えに要する費用相当額を請求することができます。

 

 

2. 誤 ✕

《問題》

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約が締結された。

本件契約が、事務所の用に供するコンクリート造の建物の建築を目的とする場合、Bの瑕疵担保責任の存続期間を20年と定めることができる。

 

《解説》

コンクリート造の場合、瑕疵担保責任の存続期間は10年です。

改正民法により削除されます。

 

 

3. 正 〇

《問題》

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約が締結された。

本件契約の目的が建物の増築である場合、Aの失火により当該建物が焼失し増築できなくなったときは、Bは本件契約に基づく未履行部分の仕事完成債務を免れる。

 

《解説》

注文者Aの失火で、工事中の建物が燃えてなくなっていますので、これ以上工事を進めて仕事を完成させることは不可能といえます。

よって請負人Bの仕事完成債務は免れます。

 

 

4. 正 〇

《問題》

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約が締結された。

Bが仕事を完成しない間は、AはいつでもBに対して損害を賠償して本件契約を解除することができる。

 

《解説》

記述通りです。条文そのままです。

請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。(民法641条)

 宅建 令和元年(2019年) 過去問一覧へ