過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

令和元年(2019年) 問10 抵当権

債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額2,400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額3,000万円)をそれぞれ有しているが、BはDの利益のために抵当権の順位を譲渡した。甲土地の競売に基づく売却代金が6,000万円であった場合、Bの受ける配当額として、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 600万円
  2. 1,000万円
  3. 1,440万円
  4. 1,600万円

 

 

《解答・解説》

正解:1

 

《解説》

売却代金 6000万円

 

1番抵当権者B 債権額2000万円 配当2000万円  

2番抵当権者C 債権額2400万円 配当2400万円

3番抵当権者D 債権額3000万円 配当1600万円

 

BはDに抵当権の順位を譲渡 ⇓

 

1番抵当権者D 債権額3000万円 配当3000万円  

2番抵当権者C 債権額2400万円 配当2400万円

3番抵当権者B 債権額2000万円 配当600万円

 

よって正解は 1

 

 宅建 令和元年(2019年) 過去問一覧へ