過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

令和元年(2019年) 問13 区分所有法

建物の区分所有等に関する法律(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、集会においてそれぞれ議決権を行使することができる。
  2. 区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。
  3. 集会においては、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者又は集会を招集した区分所有者の1人が議長となる。
  4. 集会の議事は、法又は規約に別段の定めがない限り、区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数で決する。

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解:3

 

1. 誤 ✕

《問題》

専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、集会においてそれぞれ議決権を行使することができる。

《解説》

専有部分が数人の共有に属するときは議決権を行使すべき者を1人定めます。

それぞれ議決権を行使すると共有者が多いほど議決権が多くなるというおかしな話になりますので誤りです。

 

2. 誤 ✕

《問題》

区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。

《解説》

承諾を得て占有する者は、集会に出席して意見を言うことはできますが、

議決権は行使できません。

 

3. 正 〇

《問題》

集会においては、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者又は集会を招集した区分所有者の1人が議長となる。

《解説》

その通りです。

 

4. 誤 ✕

《問題》

集会の議事は、法又は規約に別段の定めがない限り、区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数で決する。

《解説》

4分の3ではなく過半数です。

 宅建 令和元年(2019年) 過去問一覧へ