過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

令和元年(2019年) 問25 地価公示法

地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都市及びその周辺の地域等において、土地の取引を行う者は、取引の対象土地から最も近傍の標準地について公示された価格を指標として取引を行うよう努めなければならない。
  2. 標準地は、都市計画区域外や国土利用計画法の規定により指定された規制区域内からは選定されない。
  3. 標準地の正常な価格とは、土地について、自由な取引が行われるとした場合におけるその取引(一定の場合を除く。)において通常成立すると認められる価格をいい、当該土地に関して地上権が存する場合は、この権利が存しないものとして通常成立すると認められる価格となる。
  4. 土地鑑定委員会は、自然的及び社会的条件からみて類似の利用価値を有すると認められる地域において、土地の利用状況、環境等が特に良好と認められる一団の土地について標準地を選定する。

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 3

 

1. 誤 ✕

《問題》

都市及びその周辺の地域等において、土地の取引を行う者は、取引の対象土地から最も近傍の標準地について公示された価格を指標として取引を行うよう努めなければならない。

《解説》

最も近傍の標準地ではなく、近傍類地です。

物理的な距離が近いではなく、類似する利用価値があると認められる標準地です。

定番のひっかけである指標=努力義務のところは本肢では正しいですが、

~しなければならないなど引っかけてくるので注意しておいてください。

 

2. 誤 ✕

《問題》

標準地は、都市計画区域外や国土利用計画法の規定により指定された規制区域内からは選定されない。

《解説》

標準地は都市計画区域外であっても選定されることはあります。

国土利用計画法で指定された規制区域内からは選定されないのでその部分は正しいです。

 

3. 正 〇

《問題》

標準地の正常な価格とは、土地について、自由な取引が行われるとした場合におけるその取引(一定の場合を除く。)において通常成立すると認められる価格をいい、当該土地に関して地上権が存する場合は、この権利が存しないものとして通常成立すると認められる価格となる。

《解説》

その通りです

 

4. 誤 ✕

《問題》

土地鑑定委員会は、自然的及び社会的条件からみて類似の利用価値を有すると認められる地域において、土地の利用状況、環境等が特に良好と認められる一団の土地について標準地を選定する。

《解説》

特に良好な土地ではなく、通常の土地です。

 宅建 令和元年(2019年) 過去問一覧へ