過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成30年(2018年) 問3 停止条件

AとBとの間で、5か月後に実施される試験(以下この問において「本件試験」という。)にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した(以下この問において「本件約定」という。)。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 本件約定は、停止条件付贈与契約である。
  2. 本件約定の後、Aの放火により甲建物が滅失し、その後にBが本件試験に合格した場合、AはBに対して損害賠償責任を負う。
  3. Bは、本件試験に合格したときは、本件約定の時点にさかのぼって甲建物の所有権を取得する。
  4. 本件約定の時点でAに意思能力がなかった場合、Bは、本件試験に合格しても、本件約定に基づき甲建物の所有権を取得することはできない。

 

                                                  

《解答》

正解: 3

 

  1.  正 〇

《問題》

AとBとの間で、5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した場合

本件約定は、停止条件付贈与契約である。

《解説》

その通りです。

停止条件付契約というのは、~したら~します。といったように条件が成就すれば効力が発生するものです。本肢では、「試験に合格したら甲建物を贈与する」となっているので停止条件付契約です。

逆に解除条件というのもあって、これは条件成就で効力が消滅するものをいいます。例えば、建物を贈与する契約が成立している状態で「試験に不合格だったら、建物を贈与しない」といった場合です。

停止条件は契約効力のない状態から始まり、解除条件は契約の効力がある状態から始まるというのも違う点です。

 

  1.  正〇

《問題》

AとBとの間で、5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した場合

本件約定の後、Aの放火により甲建物が滅失し、その後にBが本件試験に合格した場合、AはBに対して損害賠償責任を負う。

《解説》

条件が成就した場合に建物が得られるというBの利益を害してはいけません(民法128条)

そしてAの故意によって甲建物が滅失しBが利益を受けることができなくなっていますので、その後Bが本件試験に合格した場合、AはBに対して損害賠償責任を負います(民法415条)

民法128条「条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が未定である間は、条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益を害することができない。」

民法415条「債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。」

簡単に言うと、Bは「試験に合格すれば、甲建物をもらえる!」という期待のもと、試験に頑張っていると思います。それをAがわざとBの期待する権利、そして利益を侵害しています。こういった行為を民法は許しませんので本肢は当然に正しいとなります。

 

 

  1.  誤 ✕

《問題》

AとBとの間で、5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した場合

Bは、本件試験に合格したときは、本件約定の時点にさかのぼって甲建物の所有権を取得する。

《解説》

条件成就の時から効力が発生します(民法127条1項)つまり、試験に合格したときに所有権を取得します。

民法127条1項「停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時からその効力を生ずる。」

 

 

  1.  正 〇

《問題》

AとBとの間で、5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した場合

本件約定の時点でAに意思能力がなかった場合、Bは、本件試験に合格しても、本件約定に基づき甲建物の所有権を取得することはできない。

《解説》

その通りです。意思能力のない状態で行った行為は無効となります。

意思能力がない状態とは、泥酔状態などのことです。

 

 

 

 

平成30年(2018年)過去問一覧へ