過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成30年(2018年) 問4 消滅時効の援用

時効の援用に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
  2. 後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。
  3. 詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場合、当該債権者の有する被保全債権について、消滅時効を援用することができる。
  4. 債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。

 

 

《解答》

正解: 2      

 

  1.  正 〇

《問題》

消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。

《解説》

正しい記述です。

まず、時効の利益をあらかじめ放棄することはできませんので正しいです。(民法146条)

次に「保証人は時効を援用することができる。」という点について、民法145条では「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。」となっていますが、「当事者」に保証人、物上保証人、第三取得者その他権利の消滅について正当な利益を有する者などが含まれるため、この点についても正しい記述です。

 

  1.  誤 ✕

《問題》

後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。

《解説》

肢1の解説で時効を援用できるものとして「保証人、物上保証人、第三取得者その他権利の消滅について正当な利益を有する者」と説明しましたが、

ここに「後順位抵当権者」は含まれませんので時効の援用をすることができません。よって誤りです。

 

 

  1.  正 〇

《問題》

詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場合、当該債権者の有する被保全債権について、消滅時効を援用することができる。

《解説》

詐害行為の受益者は、肢1で解説しました時効の援用をできるもの「保証人、物上保証人、第三取得者その他権利の消滅について正当な利益を有する者」の中の「その他権利の消滅について正当な利益を有する者」にあたりますので、時効の援用をすることができます。よって正しい記述です。

詐害行為の受益者がなぜ「その他権利の消滅について正当な利益を有する者」に該当するのかについては、宅建試験では重要度が低く、深入りする必要がないため割愛させていただきます

 

  1.  正 〇

《問題》

債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。

《解説》

その通りです。

債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした(お金を払いますなどと言った)場合、その後は債務者はその完成した消滅時効を援用することはできません。

 

 

平成30年(2018年)過去問一覧へ