過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成30年(2018年) 問7 債権譲渡

債権譲渡に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 譲渡禁止特約のある債権の譲渡を受けた第三者が、その特約の存在を知らなかったとしても、知らなかったことにつき重大な過失があれば、当該債権を取得することはできない。
  2. 債権の譲受人が譲渡禁止特約の存在を知っていれば、さらにその債権を譲り受けた転得者がその特約の存在を知らなかったことにつき重大な過失がなかったとしても、債務者はその転得者に対して、その特約の存在を対抗することができる。
  3. 譲渡禁止特約に反して債権を譲渡した債権者は、債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかである等の事情がない限り、その特約の存在を理由に、譲渡の無効を主張することができない。
  4. 譲渡禁止特約のある債権をもって質権の目的とした場合において、質権者がその特約の存在について悪意であるときは、当該質権設定は無効となる。

 

 

 

《解答》

正解: 2

 

  1.  正 〇

《問題》

譲渡禁止特約のある債権の譲渡を受けた第三者が、その特約の存在を知らなかったとしても、知らなかったことにつき重大な過失があれば、当該債権を取得することはできない。

《解説》

その通りです。

譲渡禁止特約を知らなかったことにつき重大な過失があれば債権を取得することはできません。

 

  1.  誤 ✕

《問題》

債権の譲受人が譲渡禁止特約の存在を知っていれば、さらにその債権を譲り受けた転得者がその特約の存在を知らなかったことにつき重大な過失がなかったとしても、債務者はその転得者に対して、その特約の存在を対抗することができる。

《解説》

転得者が善意+無重過失の場合は、譲渡禁止特約の存在を対抗することができません。

 

  1.  正 〇

《問題》

譲渡禁止特約に反して債権を譲渡した債権者は、債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかである等の事情がない限り、その特約の存在を理由に、譲渡の無効を主張することができない。

《解説》

その通りです。

債権譲渡禁止は債務者をまもるための特約なので、債権者から無効の主張はできません。

 

  1.  正 〇

《問題》

譲渡禁止特約のある債権をもって質権の目的とした場合において、質権者がその特約の存在について悪意であるときは、当該質権設定は無効となる。

《解説》

質権者となっていますが、債権者や転得者と同じように考えてください。肢2では、善意+無重過失であったため特約の存在は対抗できず無効主張できませんでした。

今回の場合は、質権者が特約について悪意なので無効主張できます。

 

 

 

平成30年(2018年)過去問一覧へ