過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成30年(2018年)問50 建物

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
  2. 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。
  3. 鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 3

 

  1.  適当

《問題》

木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。

《解説》

正しい記述です。

木材は、水分が多いほど弱く、乾燥しているほど強いです。

 

  1.  適当

《問題》

集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。

《解説》

正しい記述です。

 

  1.  不適当

《問題》

鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。

《解説》

鉄が木の炎を出して燃えているのをあまり想像することはできませんが、鉄はある一定の温度に達すると溶けてしまい急激に脆くなってしまいます。

なので、それを防ぐために耐火被覆をしなければ耐火構造にはなりません。

 

  1.  適当

《問題》

鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。

《解説》

正しい記述です。

 

 

 

平成30年(2018年)過去問一覧へ