過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成29年(2017年)問7 請負

請負契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 請負契約が請負人の責めに帰すべき事由によって中途で終了し、請負人が施工済みの部分に相当する報酬に限ってその支払を請求することができる場合、注文者が請負人に請求できるのは、注文者が残工事の施工に要した費用のうち、請負人の未施工部分に相当する請負代金額を超える額に限られる。
  2. 請負契約が注文者の責めに帰すべき事由によって中途で終了した場合、請負人は、残債務を免れるとともに、注文者に請負代金全額を請求できるが、自己の債務を免れたことによる利益を注文者に償還しなければならない。
  3. 請負契約の目的物に瑕疵がある場合、注文者は、請負人から瑕疵の修補に代わる損害の賠償を受けていなくとも、特別の事情がない限り、報酬全額を支払わなければならない。
  4. 請負人が担保の責任を負わない旨の特約をしたときであっても、知りながら告げなかった事実については、その責任を免れることはできない。

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 3

 

1.  正 ○

《問題》

請負契約が請負人の責めに帰すべき事由によって中途で終了し、請負人が施工済みの部分に相当する報酬に限ってその支払を請求することができる場合、注文者が請負人に請求できるのは、注文者が残工事の施工に要した費用のうち、請負人の未施工部分に相当する請負代金額を超える額に限られる。

《解説》

その通りです。

注文者が建物の施工を1000万円で請負人にお願いしていたのですが、請負人の事情で700万円分の施工をしたところで終了してしまいました。中途半端な状態なので仕方なく、注文者は残りを別の業者にお願いしました。すると、500万円かかってしまい、最終的に1200万円かかってしまいました。本来でしたら注文者は1000万円で建物の施工ができたのに、1200万円かかってしまい、200万円余分な支出が発生しました。このとき、請負人に非があるので余分に払った200万円を返してくださいということです。

本来の払う額を超えた部分の額についてのみ請求できるので、記述は正しいとなります。

 

2.  正 ○

《問題》

請負契約が注文者の責めに帰すべき事由によって中途で終了した場合、請負人は、残債務を免れるとともに、注文者に請負代金全額を請求できるが、自己の債務を免れたことによる利益を注文者に償還しなければならない。

《解説》

その通りです。

注文者が原因で、工事が途中の状態で契約が終了しました。このとき工事は途中で終わっていますが注文者に対し、請負代金全額を請求できます。しかし、途中で終わっているわけですから、使わなくて済んだ材料などがあるはずです。そのぶんについては注文者に返してくださいねということです。

 

 

3.  誤 ✕

《問題》

請負契約の目的物に瑕疵がある場合、注文者は、請負人から瑕疵の修補に代わる損害の賠償を受けていなくとも、特別の事情がない限り、報酬全額を支払わなければならない。

《解説》

修補に代わる損害の賠償と報酬の支払いは原則、同時履行の関係です。なので、賠償を受けるまで報酬の支払いを拒むことができます。

 

4.  正 ○

《問題》

請負人が担保の責任を負わない旨の特約をしたときであっても、知りながら告げなかった事実については、その責任を免れることはできない。

《解説》

その通りです。

民法640条「(削除)」

民法572条「売主は、第560条から前条までの規定による担保の責任を負わない旨の特約をしたときであっても、知りながら告げなかった事実及び自ら第三者のために設定し又は第三者に譲り渡した権利については、その責任を免れることができない。」

 

 

平成29年(2017年)過去問一覧へ