過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成29年(2017年)問9 相続

1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる。Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。
  2. Dが1億2,000万円となる。
  3. Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。
  4. Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 3

 

《解説》

 

f:id:larctan:20191201155428p:plain

 

 

最初に、Dは必ず相続人となりますので、4つの肢すべて可能性があります。

次に、Bは相続放棄をしているので、Bの子Eは代襲相続できません。(ここで肢1、4が消えます)

続いて、Cは相続欠格なので、相続人となれません。しかし、相続欠格者Cの子Fは代襲相続できます。

したがって、計算するまでもなく、DとFが相続人となります。

 

相続分は、

代襲相続がない場合、CDが2分の1ずつとなり、Cが欠格で、Fが代襲相続するので、そのままD2分の1、F2分の1となります。

したがって、1億2000万円の2分の1ずつなので、D6000万円、F6000万円ということになります。

 

本試験での正答率は低かったですが、正解しておきたい問題です。

 

平成29年(2017年)過去問一覧へ