過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成29年(2017年)問13 区分所有法

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 管理者は、少なくとも毎年1回集会を招集しなければならない。
  2. 区分所有者の5分の1以上で議決権の5分の1以上を有するものは、管理者に対し、会議の目的たる事項を示して、集会の招集を請求することができるが、この定数は規約で減ずることはできない。
  3. 集会の招集の通知は、区分所有者が管理者に対して通知を受け取る場所をあらかじめ通知した場合には、管理者はその場所にあててすれば足りる。
  4. 集会は、区分所有者全員の同意があれば、招集の手続を経ないで開くことができる。

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 2

 

1. 正 ○

《問題》

管理者は、少なくとも毎年1回集会を招集しなければならない。

《解説》

その通りです。

(区分所有法34条)

 

2. 誤 ✕

《問題》

区分所有者の5分の1以上で議決権の5分の1以上を有するものは、管理者に対し、会議の目的たる事項を示して、集会の招集を請求することができるが、この定数は規約で減ずることはできない。

《解説》

集会招集の請求の定数は規約で減らせます。(区分所有法34条)

 

3. 正 ○

《問題》

集会の招集の通知は、区分所有者が管理者に対して通知を受け取る場所をあらかじめ通知した場合には、管理者はその場所にあててすれば足りる。

《解説》

その通りです。

(区分所有法35条)

 

4. 正 ○

《問題》

集会は、区分所有者全員の同意があれば、招集の手続を経ないで開くことができる。

《解説》

その通りです。

集会は区分所有者全員の同意があれば、招集の手続を経ないで開くことができます。(区分所有法36条)

 

 

 

平成29年(2017年)過去問一覧へ