過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

平成29年(2017年)問14 不動産登記法

不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
  2. 地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。
  3. 賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。
  4. 事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

 

 

 

 

 

 

《解答》

正解: 3

 

1. 正 ○

《問題》

建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。

《解説》

その通りです。

不動産登記法44条)

 

2. 正 ○

《問題》

地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。

《解説》

その通りです。

不動産登記法78条)

 

3. 誤 ✕

《問題》

賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。

《解説》

敷金がある場合、その旨は登記事項です。(不動産登記法81条)

 

4. 正 ○

《問題》

事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

《解説》

その通りです。

不動産登記法81条)

 

 

平成29年(2017年)過去問一覧へ