過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問2

賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関する次の記述のうち、賃貸住宅管理業者登録制度(平成23年9月30日国土交通省告示第998号及び第999号、平成28年8月12日国土交通省告示第 927 号 及び第 928 号改正。以下、各問において「賃貸住宅管理業者登録制度」という。) の規定に照らし、賃貸不動産経営管理士が行わなければならないものとして、適切なものはいくつあるか。

 

ア 原賃貸借契約に関する重要事項説明

イ 原賃貸借契約書及び重要事項説明書への記名押印

ウ 原賃貸借契約の締結後に契約内容を変更する必要が生じた場合における当該変更部分に関する重要事項説明及び書面交付

エ 転貸借契約に関する重要事項説明及び契約成立時の書面交付

 

1 1つ

2 2つ

3 3つ

4 4つ

 

 

 

 

《答え》

正解:3 

 

ア. 適切 ○ 

イ. 適切 ○ 

ウ. 適切 ○

エ. 不適切 ✕

 転借人に対する重説は、賃貸不動産経営管理士が行わなければならないものとはされていません。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ