過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問4

賃貸住宅管理業者登録制度において定められている賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明(以下、本問において「重要事項の説明」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア :重要事項の説明は、管理受託契約が成立するまでの間に行わなければならないが、貸主が遠隔地に居住する等特段の事情がある場合には、当該契約成立後にすることもできる。

イ: 重要事項の説明は、必ずしも賃貸住宅管理業者の事務所で行う必要はない。

ウ: 重要事項の説明を、賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受けた登録業者以外の者に委託することも可能である。

エ :重要事項の説明は、必ずしも対面で行う必要はない。

1 1つ
2 2つ
3 3つ
4 4つ

 

 

 

 

《答え》

正解:3 

 

ア. 誤 ✕ 

《問題》

重要事項の説明は、管理受託契約が成立するまでの間に行わなければならないが、貸主が遠隔地に居住する等特段の事情がある場合には、当該契約成立後にすることもできる。

《解説》

重説は必ず契約成立前にしなければいけません。

 

 

イ. 正 ○ 

《問題》

重要事項の説明は、必ずしも賃貸住宅管理業者の事務所で行う必要はない。

《解説》

記述通りです。

宅建と同じです。

 

 

ウ. 正 ○ 

《問題》

重要事項の説明を、賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受けた登録業者以外の者に委託することも可能である。

《解説》

記述通りです。

基幹事務の一括委託はできませんが、重説は委託可能です。

 

 

エ. 正 ○ 

《問題》

重要事項の説明は、必ずしも対面で行う必要はない。

《解説》

記述通りです。

電話でもOKです。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ