過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問7

賃貸住宅管理業者登録制度において定められている賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約の成立時の書面の交付(以下、本問において「書面の交付」という。)に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 

ア:書面の交付は、賃貸住宅管理業務を無償で行う場合も必要である。

イ:書面の交付は、対面で手渡す方法のほか、郵送ですることもできる。

ウ:交付する書面は、必要事項が記載されている限り、様式は問われない。

エ:交付する書面は、貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明の書面とは別に作成する必要がある。

 

1 ア、イ、ウ
2 ア、イ、エ
3 ア、ウ、エ
4 ア、イ、ウ、エ

 

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

ア. 正 ○

《問題》

書面の交付は、賃貸住宅管理業務を無償で行う場合も必要である。

《解説》

書面の交付は無償の場合でも必要です。

 

 

イ. 正 ○

《問題》

書面の交付は、対面で手渡す方法のほか、郵送ですることもできる。

《解説》

その通りです。

 

 

ウ. 正 ○

《問題》

交付する書面は、必要事項が記載されている限り、様式は問われない。

《解説》

その通りです。

 

 

エ. 誤 ✕

《問題》

交付する書面は、貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明の書面とは別に作成する必要がある。

《解説》

重説書面と管理受託契約の契約書は、別に作成する必要はありません。一つの書面でOKです。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ