過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問9

管理業者がサブリース方式により賃貸管理を行う場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:サブリース方式による管理の場合、管理業者は原賃貸人の代理人の立場で賃貸物件を借り受けている。

2:転借人が転貸借契約の終了により賃貸物件を明け渡した場合、原賃貸人と管理業者は、転借人に対して、連帯して敷金返還債務を負う。

3:原賃貸借契約が管理業者の債務不履行により解除された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

4:原賃貸借契約が合意解約された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

 

 

 

 

 

《答え》

正解:3 

 

1. 誤 ✕

《問題》

サブリース方式による管理の場合、管理業者は原賃貸人の代理人の立場で賃貸物件を借り受けている。

《解説》

管理業者は原賃貸人の借主の立場で賃貸物件を借り受けています。

 

 

2. 誤 ✕

《問題》

転借人が転貸借契約の終了により賃貸物件を明け渡した場合、原賃貸人と管理業者は、転借人に対して、連帯して敷金返還債務を負う。

《解説》

原賃貸人と転借人との間に契約関係はありません。なので、管理業者たる転貸人が転借人に対して敷金返還義務を負います。

 

 

3. 正 ○

《問題》

原賃貸借契約が管理業者の債務不履行により解除された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

《解説》

記述通りです。

管理業者の債務不履行が原因で解除された場合、原賃貸人が転借人に対して返還請求したときに、管理業者の履行不能で転貸借契約が終了します。

 

 

4. 誤 ✕

《問題》

原賃貸借契約が合意解約された場合、原賃貸人が転借人に対して明渡しを請求したとき、転貸借契約も終了する。

《解説》

原賃貸借契約が合意解約された場合、原賃貸人は転借人に対して解約を対抗できません。

 

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ