過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問10

借主の募集において、宅地建物取引業法により禁止されている行為に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

ア 重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実(本当でないこと)を告げることは禁止されている。

イ 借受希望者が一度申し込んだ事実の撤回を妨げるため、借受希望者を脅迫することは禁止されている。

ウ 将来の環境又は交通その他の利便について、借受希望者が誤解するような断定的判断を提供することは禁止されている。

1 1つ
2 2つ
3 3つ
4 なし

 

 

 

 

 

《答え》

正解:4 

 

ア. 正 ○

《問題》

重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実(本当でないこと)を告げることは禁止されている。

《解説》

もちろんです。

 

 

イ. 正 ○

《問題》

借受希望者が一度申し込んだ事実の撤回を妨げるため、借受希望者を脅迫することは禁止されている。

《解説》

もちろんです。

 

 

ウ. 正 ○

《問題》

将来の環境又は交通その他の利便について、借受希望者が誤解するような断定的判断を提供することは禁止されている。

《解説》

もちろんです。

「必ず近くに駅ができる」や「絶対に土地が値上がりする」などが断定的判断になります。

 

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ