過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問11

入居審査に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1: 申込みを行っている者が入居申込書面の申込者と同一であるかどうかを確認しなければならない。

2:入居審査に当たり収集した個人情報は、個人情報の保護に関する法律上、利用目的を特定しなくても自由に活用できる。

3:借受希望者の職業・年齢・家族構成・年収が申込物件に妥当かどうか検討することは、差別的な審査であるため、することができない。

4:サブリース方式による賃貸住宅の管理業者は、入居者の最終決定権者にならない。

 

 

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

1. 適切  ○

《問題》

申込みを行っている者が入居申込書面の申込者と同一であるかどうかを確認しなければならない。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 不適切 ✕

《問題》

入居審査に当たり収集した個人情報は、個人情報の保護に関する法律上、利用目的を特定しなくても自由に活用できる。

《解説》

個人情報を取扱う場合は利用目的をできるだけ特定しなければなりません。

 

 

3. 不適切 ✕

《問題》

借受希望者の職業・年齢・家族構成・年収が申込物件に妥当かどうか検討することは、差別的な審査であるため、することができない。

《解説》

収入に見合わないような高級な建物を借りて後から支払えないなどとなるとトラブルの元になりますので、入居に当たり、借受希望者の職業・年齢・家族構成・年収が申込物件に妥当かどうか検討する必要があります。

 

 

4. 不適切 ✕

《問題》

サブリース方式による賃貸住宅の管理業者は、入居者の最終決定権者にならない。

《解説》

管理受託方式であれば、入居者の最終決定権者は貸主ですが、サブリース方式の場合は管理業者が入居者の最終決定権者となります。

 

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ