過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問13

住宅の賃貸借契約の当事者が死亡した場合の法律関係に関する次の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

ア:貸主が死亡し、相続人が複数いる場合、遺産分割が成立するまでの間、借主は賃料の支払を拒むことができる。

イ:貸主が死亡し、相続人が複数いる場合、相続開始から遺産分割が成立するまでの間に生じた賃料は、遺産分割により賃貸物件を相続した者がすべて取得する。

ウ:借主が死亡し、相続人が複数いる場合、遺産分割が成立するまでの間、貸主は各共同相続人に対して賃料全額の支払を請求することができる。

エ:借主が死亡し、相続人がいない場合、事実上夫婦の関係にある者が同居しているときは、その同居者が借主の地位を承継することができる。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、エ
4 ウ、エ

 

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

ア. 誤 ✕

《問題》

貸主が死亡し、相続人が複数いる場合、遺産分割が成立するまでの間、借主は賃料の支払を拒むことができる。

《解説》

遺産分割が成立するまでの間であっても、借主は賃料の支払を拒むことができません。

 

 

イ. 誤 ✕

《問題》

貸主が死亡し、相続人が複数いる場合、相続開始から遺産分割が成立するまでの間に生じた賃料は、遺産分割により賃貸物件を相続した者がすべて取得する。

《解説》

遺産分割が成立するまでの間に生じた賃料は、相続人が複数いる場合、相続分に応じて取得します。

 

 

ウ. 正 ○

《問題》

借主が死亡し、相続人が複数いる場合、遺産分割が成立するまでの間、貸主は各共同相続人に対して賃料全額の支払を請求することができる。

《解説》

記述通りです。

 

 

エ. 正 ○

《問題》

借主が死亡し、相続人がいない場合、事実上夫婦の関係にある者が同居しているときは、その同居者が借主の地位を承継することができる。

《解説》

記述通りです。

内縁の配偶者は基本的に相続が認められていませんが、賃借権のみ認められる場合があります。それがまさにこの肢の場合です。

借主が死亡し、その相続人がいないとき、その借主と事実上夫婦の関係にある者が同居していた場合、その同居者は借主の地位を承継することができます。

借地借家法36条)

 

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ