過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問15

賃貸借契約の特約の有効性に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

ア:賃貸借の期間内に建物が競売により売却され、その所有権が他の者に帰属した場合に賃貸借契約が終了する旨の特約は、無効である。

イ:賃貸借の更新について合意が成立しない場合は賃貸借契約が期間満了と同時に当然に終了する旨の特約は、有効である。

ウ:借主が貸主の同意を得て賃貸建物に設置した造作について、建物明渡し時に買取請求権を行使することができない旨の特約は、有効である。

エ:振込みにより賃料を支払う場合の振込み手数料を貸主負担とする旨の特約は、無効である。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、エ
4 ウ、エ

 

 

 

 

《答え》

正解:2 

 

ア. 適切 ○

《問題》

賃貸借の期間内に建物が競売により売却され、その所有権が他の者に帰属した場合に賃貸借契約が終了する旨の特約は、無効である。

《解説》

記述通りです。

借主に不利な特約は無効です。

 

 

イ. 不適切 ✕

《問題》

賃貸借の更新について合意が成立しない場合は賃貸借契約が期間満了と同時に当然に終了する旨の特約は、有効である。

《解説》

借主に不利な特約は無効です。

 

 

ウ. 適切 ○

《問題》

借主が貸主の同意を得て賃貸建物に設置した造作について、建物明渡し時に買取請求権を行使することができない旨の特約は、有効である。

《解説》

記述通りです。

造作買取請求権については、行使しない旨の特約を有効に定めることができます。

 

 

エ. 不適切 ✕

《問題》

振込みにより賃料を支払う場合の振込み手数料を貸主負担とする旨の特約は、無効である。

《解説》

振込み手数料を貸主負担とする旨の特約は借主に有利なわけですから有効です。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ