過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問16

賃貸建物の全部又は一部が滅失した場合の法律関係に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:地震により賃貸建物が一部滅失した場合、修繕が物理的経済的に可能であったとしても、貸主は修繕義務を負わない。

2:賃貸建物が全部滅失した場合、当該滅失についての借主の帰責事由の有無にかかわらず、貸主は修繕義務を負わない。

3:賃貸建物が一部滅失した場合、当該滅失について借主に帰責事由がない限り、借主は使用収益が妨げられている割合に応じて、賃料の減額を請求することができる。

4:賃貸建物が全部滅失した場合、当該滅失について借主に帰責事由があっても、賃貸借契約は履行不能により終了する

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

1. 誤 ✕

《問題》

地震により賃貸建物が一部滅失した場合、修繕が物理的経済的に可能であったとしても、貸主は修繕義務を負わない。

《解説》

大家が直さなければ誰が直すんだという話になります

貸主は天変地異等の不可抗力により発生した場合も修繕義務を負います。

 

 

2. 正 ○

《問題》

賃貸建物が全部滅失した場合、当該滅失についての借主の帰責事由の有無にかかわらず、貸主は修繕義務を負わない。

《解説》

記述通りです。

全部滅失の場合は履行不能ということで、修繕義務を負いません。

 

 

3. 正 ○

《問題》

賃貸建物が一部滅失した場合、当該滅失について借主に帰責事由がない限り、借主は使用収益が妨げられている割合に応じて、賃料の減額を請求することができる。

《解説》

記述通りです。

借りている建物が一部滅失した場合、滅失について借主に帰責事由がない限り、借主は使用収益が妨げられている割合に応じて、賃料の減額を請求することができます。

借主がわざと滅失させた場合や、不注意によって滅失させた場合はもちろん賃料の減額請求はできません。

 

 

4. 正 ○

《問題》

賃貸建物が全部滅失した場合、当該滅失について借主に帰責事由があっても、賃貸借契約は履行不能により終了する

《解説》

記述通りです。

賃貸建物が全部滅失した場合は、貸主、借主どちらに責任があるかどうかにかかわらず履行不能により終了します。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ