過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問22

賃料未払の借主に対する明渡しに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:明渡しの強制執行を行うための債務名義となるのは、判決における判決書のみであり、裁判上の和解調書は債務名義とならない。

2:強制執行を申し立てるに当たって必要となるのは、債務名義のみである。

3:未払賃料を支払うことを内容とする判決書は、建物明渡しを求める強制執行の債務名義となる。

4:賃貸借契約書に、「賃料を滞納した場合には、貸主あるいは管理業者は鍵を交換することができる。」との約定があっても、貸主は、建物明渡し前に借主の外出中に無断で賃貸建物の鍵を交換した場合、法的責任を問われることがある。

 

 

 

 

《答え》

正解:4 

 

1. 誤 ✕

《問題》

明渡しの強制執行を行うための債務名義となるのは、判決における判決書のみであり、裁判上の和解調書は債務名義とならない。

《解説》

裁判上の和解調書も債務名義となります。

 

 

2. 誤 ✕

《問題》

強制執行を申し立てるに当たって必要となるのは、債務名義のみである。

《解説》

債務名義のみでは強制執行をすることはできません。執行文が必要です。

 

 

3. 誤 ✕

《問題》

未払賃料を支払うことを内容とする判決書は、建物明渡しを求める強制執行の債務名義となる。

《解説》

「未払賃料を支払うことを内容とする判決書」は賃料を払ってくださいという意味のものであって、明渡しを求めるものではありません。

 

 

4. 正 ○

《問題》

賃貸借契約書に、「賃料を滞納した場合には、貸主あるいは管理業者は鍵を交換することができる。」との約定があっても、貸主は、建物明渡し前に借主の外出中に無断で賃貸建物の鍵を交換した場合、法的責任を問われることがある。

《解説》

記述通りです。

自力救済は禁止です。

無断で鍵を交換すると、民事上では不法行為、刑事上では器物損壊罪にあたる可能性があります。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ