過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問26

鍵の管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、賃貸借契約に鍵に関する特約はないものとする。

1:貸主からの依頼又は承諾を受けて管理業者が各部屋の鍵を一括管理する場合、借主に対し、その目的を説明する。

2:新規入居の場合は、借主が鍵を紛失した場合と同様に、鍵の交換に要する費用を借主負担とする。

3:新しい借主が決まり、新しい鍵を取り付けたところ、借主から「防犯面に強い鍵」に交換するよう要望された場合、借主にその費用の負担を請求できない。

4:管理物件での非常事態に対する早期対処のため、管理業者の従業員が各部屋の鍵を常時携行する。

 

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

1. 適切 ○

《問題》

貸主からの依頼又は承諾を受けて管理業者が各部屋の鍵を一括管理する場合、借主に対し、その目的を説明する。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 不適切 ✕

《問題》

新規入居の場合は、借主が鍵を紛失した場合と同様に、鍵の交換に要する費用を借主負担とする。

《解説》

新規入居の場合の鍵交換は、貸主負担です。

実情と違う部分があると思いますので注意してください。

 

 

3. 不適切 ✕

《問題》

新しい借主が決まり、新しい鍵を取り付けたところ、借主から「防犯面に強い鍵」に交換するよう要望された場合、借主にその費用の負担を請求できない。

《解説》

より「防犯面に強い鍵」などに交換を申し出た場合、申し出た方の負担となります。本肢の場合は借主負担となります。

 

 

4. 不適切 ✕

《問題》

管理物件での非常事態に対する早期対処のため、管理業者の従業員が各部屋の鍵を常時携行する。

《解説》

管理業者の従業員が各部屋の鍵(マスターキー)を常時携行すると紛失の危険が高まります。

マスターキーは施錠できる安全な場所に保管すべきとなっております。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ