過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問29

建築物の定期報告制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:政令で定める建築物及び当該政令で定めるもの以外の特定建築物で特定行政庁が指定するもの(以下、本問において「特定建築物」という。)は、定期的にその状況を調査してその結果を特定行政庁に報告することが義務付けられている。

2:特定建築物の定期調査・検査は、一級建築士に実施させなければならない。

3:特定建築物に関する報告の主な調査内容は、敷地、構造、防火、避難の4項目である。

4:特定建築物共同住宅の定期調査報告は、3年ごとに行う義務がある。

 

 

 

 

《答え》

正解:2 

 

1. 適切 ○

《問題》

政令で定める建築物及び当該政令で定めるもの以外の特定建築物で特定行政庁が指定するもの(以下、本問において「特定建築物」という。)は、定期的にその状況を調査してその結果を特定行政庁に報告することが義務付けられている。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 不適切 ✕

《問題》

特定建築物の定期調査・検査は、一級建築士に実施させなければならない。

《解説》

特定建築物の定期調査・検査は、一級建築士に実施させなければなりません。「等」には二級建築士が含まれます。

 

 

3. 適切 ○

《問題》

特定建築物に関する報告の主な調査内容は、敷地、構造、防火、避難の4項目である。

《解説》

記述通りです。

 

 

4. 適切 ○

《問題》

特定建築物共同住宅の定期調査報告は、3年ごとに行う義務がある。

《解説》

記述通りです。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ