過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問30

ガス設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:ガスの使用を開始する際には、住戸ごとに、管理業者が立会い、ガス会社による開栓作業が必要である。

2:ガス管の配管材料として、近年は、屋外埋設管にはポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管が、屋内配管には塩化ビニル被覆鋼管が多く使われている。

3:ガスメーターマイコンメーター)には、ガスの使用量を計量する機能や、ガスの異常放出や地震等の異常を感知して、自動的にガスの供給を遮断する機能が備えられている。

4:ほとんどの都市ガスは空気より軽いのに対し、プロパンガス(LPガス)は空気より重い。

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

1. 不適切 ✕ 

《問題》

ガスの使用を開始する際には、住戸ごとに、管理業者が立会い、ガス会社による開栓作業が必要である。

《解説》

ガスの使用を開始する際のガス会社による開栓作業は、管理業者が立会うのではなく、入居者が立会います。

 

 

2. 適切 ○

《問題》

ガス管の配管材料として、近年は、屋外埋設管にはポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管が、屋内配管には塩化ビニル被覆鋼管が多く使われている。

《解説》

記述通りです。

 

 

3. 適切 ○

《問題》

ガスメーターマイコンメーター)には、ガスの使用量を計量する機能や、ガスの異常放出や地震等の異常を感知して、自動的にガスの供給を遮断する機能が備えられている。

《解説》

記述通りです。

 

 

4. 適切 ○

《問題》

ほとんどの都市ガスは空気より軽いのに対し、プロパンガス(LPガス)は空気より重い。

《解説》

記述通りです。

都市ガスの場合は空気より軽いので、ガス漏れの際は部屋の上部にたまります。なので、警報機を上の方につけます。

プロパンガスは空気より重いので、ガス漏れの際は部屋の下部にたまります。なので、警報機は下の方につけます。

 

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ