過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問32

防火管理者に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:管理権原者は、防火管理者を選任し、防火管理業務を行わせなければならない。

2:賃貸住宅における管理権原者は、貸主(所有者)等である。

3:管理権原者は、管理業者を防火管理者として選任することで、防火管理責任を免れることができる。

4:防火管理者の行う業務のうち、特に重要なものは、消防計画の作成である。

 

 

 

 

《答え》

正解:3 

 

1. 適切 ○

《問題》

管理権原者は、防火管理者を選任し、防火管理業務を行わせなければならない。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 適切 ○

《問題》

賃貸住宅における管理権原者は、貸主(所有者)等である。

《解説》

記述通りです。

 

 

3. 不適切 ✕

《問題》

管理権原者は、管理業者を防火管理者として選任することで、防火管理責任を免れることができる。

《解説》

管理権原者は、防火管理の最終責任者なので、責任を免れることはできません。

 

 

4. 適切 ○

《問題》

防火管理者の行う業務のうち、特に重要なものは、消防計画の作成である。

《解説》

記述通りです。

防火管理者の業務は、①「消防計画の作成・届出」 ②「避難訓練の実施」 ③「消防用設備等の点検・整備」であり、特に重要なものは①の消防計画の作成です。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ