過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問34

保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:保険は、将来起こるかもしれない危険に備える合理的な防衛策のひとつであるが、中でも賃貸不動産の経営においては、損害保険の知識が有用である。

2:賃貸不動産の建物所有者が火災保険に加入する場合、主契約である火災保険の保険金額の8割以内の範囲で地震保険にも加入しておくことが一般的である。

3:住宅に関する火災保険である「すまいの保険」は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災により建物や家財に生じた損害に備える保険である。

4:保険は、保険会社の商品によって特性が異なるので、関係者に適切なアドバイスをするためには、その内容をよく理解しておく必要がある。

 

 

 

 

《答え》

正解:2 

 

1. 適切 ○

《問題》

保険は、将来起こるかもしれない危険に備える合理的な防衛策のひとつであるが、中でも賃貸不動産の経営においては、損害保険の知識が有用である。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 不適切 ✕

《問題》

賃貸不動産の建物所有者が火災保険に加入する場合、主契約である火災保険の保険金額の8割以内の範囲で地震保険にも加入しておくことが一般的である。

《解説》

地震保険の保険金額は、火災保険金額の30~50%以内の範囲で、建物5000万円、家財1000万円までとなっております。8割(80%)以内というのが誤りです。

 

 

3. 適切 ○

《問題》

住宅に関する火災保険である「すまいの保険」は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災により建物や家財に生じた損害に備える保険である。

《解説》

記述通りです。

 

 

4. 適切 ○

《問題》

保険は、保険会社の商品によって特性が異なるので、関係者に適切なアドバイスをするためには、その内容をよく理解しておく必要がある。

《解説》

記述通りです。

保険は保険会社によって特性や保障内容が異なります。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ