過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問38

賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

ア:秘密を守る義務とは、職務上知り得た秘密を正当な理由なく他に漏らしてはならないことであり、賃貸不動産経営管理士の職務に携わっている間、守らなければならない。

イ:賃貸不動産経営管理士は、自らの能力や知識を超える業務を引き受けてはならない。

ウ:賃貸不動産経営管理士は、常に依頼者の立場で職務を行い、万一紛争等が生じた場合には、誠意をもって、その円満解決に努力しなければならない。

エ:賃貸不動産経営管理士は、公共的使命を常に自覚し、公正な業務を通して、公共の福祉に貢献しなければならない。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、エ
4 ウ、エ

 

 

 

 

《答え》

正解:3 

 

 ア: 誤 ✕ 

《問題》

秘密を守る義務とは、職務上知り得た秘密を正当な理由なく他に漏らしてはならないことであり、賃貸不動産経営管理士の職務に携わっている間、守らなければならない。

《解説》

「職務に携わっている間」だけでなく、「携わらなくなった後」であっても守秘義務を負います。

 

 イ: 正 ○ 

《問題》

賃貸不動産経営管理士は、自らの能力や知識を超える業務を引き受けてはならない。

《解説》

記述通りです。

 

 ウ: 誤 ✕ 

《問題》

賃貸不動産経営管理士は、常に依頼者の立場で職務を行い、万一紛争等が生じた場合には、誠意をもって、その円満解決に努力しなければならない。

《解説》

「常に公平中立な立場」です。

どちらか一方の肩を持つ内容の記述のときは怪しいと思ってください。

 

 エ: 正 ○ 

《問題》

賃貸不動産経営管理士は、公共的使命を常に自覚し、公正な業務を通して、公共の福祉に貢献しなければならない。

《解説》

記述通りです。

「公共の使命」や「公共の福祉に貢献」など漠然としていますが、そんなものなんだという感じでおさえておいてください。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ