過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問39

計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1:中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。

2:計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。

3:修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。

4:計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。

 

 

 

 

 

《答え》

正解:4 

 

1. 適切 ○

《問題》

中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 適切 ○

《問題》

計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。

《解説》

記述通りです。

 

 

3. 適切 ○

《問題》

修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。

《解説》

記述通りです。

 

 

4. 不適切 ✕

《問題》

計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。

《解説》

修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要があります。

 

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ