過去問を制する者は宅建を制す

過去問を短くわかりやすく解説するブログ

MENU

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年(2018年)問40

賃貸住宅のコンセプトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1:サービス付き高齢者向け住宅とは、賃貸住宅又は有料老人ホームにおいて、状況把握・生活相談サービス等を提供するものである。

2:賃貸住宅における入居者像の「とりあえず賃貸派」は、家を持つことにはこだわらず、賃貸住宅で十分と考えているのが特徴である。

3:ペット可能な賃貸住宅においては、主にペット同士のトラブルを念頭に、共用部分で他のペットとの接触が最小限に抑えられている程度なら許可を与えることを基本ルールとしている。

4:シェアハウスとは、宿泊用に提供された個人宅の一部やマンションの空室等に宿泊するものである。

 

 

 

 

《答え》

正解:1 

 

1. 適切  ○

《問題》

サービス付き高齢者向け住宅とは、賃貸住宅又は有料老人ホームにおいて、状況把握・生活相談サービス等を提供するものである。

《解説》

記述通りです。

 

 

2. 不適切 ✕

《問題》

賃貸住宅における入居者像の「とりあえず賃貸派」は、家を持つことにはこだわらず、賃貸住宅で十分と考えているのが特徴である。

《解説》

記述は、「当然賃貸派」の内容です。

「とりあえず賃貸派」は、将来は持家を購入したいので、とりあえず今は賃貸に住むというものです。

 

 

3. 不適切 ✕

《問題》

ペット可能な賃貸住宅においては、主にペット同士のトラブルを念頭に、共用部分で他のペットとの接触が最小限に抑えられている程度なら許可を与えることを基本ルールとしている。

《解説》

ペット飼育による他の入居者とのトラブルを念頭におく必要があります。

ペット同士のトラブルではありません。

 

 

4. 不適切 ✕

《問題》

シェアハウスとは、宿泊用に提供された個人宅の一部やマンションの空室等に宿泊するものである。

《解説》

記述は「民泊」の内容です。

 

賃貸不動産経営管理士 平成30年(2018年)過去問一覧へ